マダニの被害が報告されています。

その病名は『重症熱性血小板減少症候群』です。

マダニにかまれた犬猫がキャリアとなって媒介し人に感染する。

最近話題になったのが、猫にかまれた女性が昨年夏死亡した例です。

ペットがマダニに刺された経験のある飼い主は、『犬:14.3%、猫:5.7%』 ですが、猫の実態は余り分かっていません。

マダニにかまれた場所の特定は余り定かではありませんが、散歩の時の公園や草叢、そして山などの草原が候補に挙げられています。

川遊びやじめじめした場所をハイキングしている時に「蛭」が身体に付着する場合がありますが、取り除けば人に害を加えることはありません。

マダニは、皮膚に付着し、マダニの頭部が皮膚に食い込みます。

写真は、マダニの吸血後の状態です。

マダニを見つけた場合、無理にとるとマダニの頭部が皮膚に残る場合が多いため、獣医師などの専門家に見てもらう事を進めています。

特に山で猟をする猟犬などは全身をくまなく見まわしましょう。

また、ドッグランなどで芝生が施されている場合も同様です。

犬が遊びまわる芝生に殺虫剤など撒けません。

血液を吸うマダニの特徴として、吸う前の大きさは余りにも小さくマダニの判別は困難です。

散歩の後、必ず全身を調べる習慣をつけましょう。

被害は、ペットだけではなく人にも及ぶからです。