すてばちなことを言っているのもほどほどにしないと、三年もたたないうちにだれからも相手にしてもらえなくなるということ。また、よくないことも、そのうちによいことの種になる場合があるということのたとえ。