人は誰でも、昔の事を懐かしみ、現在を嘆くものだということ。