世の中のことは、一方がよければ他方が悪く、両方ともよいことなどあり得ない。あるとすれば、ほおかむりくらいのものだということ。