悪いことやわざわいになりそうなものは、小さなうちに取り除いておかないと、あとで面倒なことになるというたとえ。二葉のうちにつみ取っておかないと、大木になってからでは斧で倒さなければならなくなるという意から。