国家が滅亡するのは、外部の力よりも内乱や政治の腐敗などが原因であることが多いということ。また、悪い結果になったのは人のせいではなく、原因は自分自身にあることが多いというたとえ。