自分にかかわることは、人から言われなくとも、自分がよく知っているというたとえ。水が冷たいか暖かいかは、飲んだ者がいちばんよくわかるということから。