小さな利益に目を奪われて大きな利益を失うことのたとえ。爪の甲のような小さな利益にこだわって、手のひらのような大きな利益を失うという意から。