せっかく張り切って待ちかまえていたのに、何事もなくて腕のふるいようがないこと。

またそういうときの間の悪さをいう。