自分の才能や徳を隠して、世俗の中に交じって目立たないように生活すること。また、仏教では、仏や菩薩が衆生を救うために、仮の姿となって人間社会に現れることをいう。