日本古来の精神を失わずに、中国伝来の学問を身につけ、活用すべきであるということ。