慎重に選びすぎると、かえってくだらない物をつかんでしまうということ。