もう夜になってしまったのだから、日が暮れるのを心配してあわてて帰ることはないということ。