物事が余り長引くと、穏やかなままではあまり済まなくなることが多いということのたとえ。