外見がどんなに立派でも、内容が伴わなければ貴いとは言えない。外観よりも実質が大切であるという事。