あまりにも複雑、雄大すぎて、その本来の姿を計り知れないことのたとえ。また、物事の真相を見極めようとするならば、身を局外に置いて客観的に見るべきであるということのたとえ。