親というものは、我が子かわいさのあまり、子の間違いには気づかないものだということ。