自分のものがいちばんよいと思っていることのたとえ。