自分の心は、はかりのように公平で私情を交えないということ。