苦しいことでも、それが自分のためになることだと思えば、気にならないものだということ。