人の世話にならずに自分で働いて生活していれば、だれに気がねすることもない一家の主人であるということ。