欲もほどほどにすべきだというたとえ。他人の田のことも配慮して、自分の田に引く水を少しおさえるべきだといことから。