自分の心にやましいところがある者は、人の誠実さまで疑いの目で見るものであるということ。