自分の短所や過失は自分ではわからないものだから、人に尋ねて改めよということ。また、自分に関することは判断に迷うものであるから、人の意見を求めるのがよいということ。