自分の欠点には気がつかないものだというたとえ。