いちばん優秀な弟子が師のもとを去ること。また、自分の説いた学問や道徳が、すぐれた弟子によって他の地に広まることのたとえ。