遠慮するものほどほどほどにしないと、かえって失礼になるという事のたとえ。