久しぶりに書きます。

体の具合も少しづつ回復。

今日は仕事納め。

一年が経つのは早い。

そう感ずる人は、どことなく歳を重ねつつある。

これもあれもすべて人生。

ただ一つ何時も感ずることは『一年の計は元旦にあり』の古来よりの言い伝えである。

つまりこうだ。

一年の計画は年の初めに建てるべきだという考え方。

そして、物事は計画を立てて実行せよという教えである。

家の入口にお飾り、門松を立て『年神様』をお迎えする準備。

これが古来から我が国の作法である。

除夜の鐘を聞きながら、新しい年を迎える。

物事始めよければ終わりよし。

古来からの仕来りを一度試してみれば、きっと良いことがあるはずだ。

話は変わるが…

ウーマンラッシュアワーの「時事漫才」。

これこそが今の日本人をあらわしている。

彼らの勇気に声援を送る。