やきもちも度が過ぎると、相手に嫌われて自分に災いを招きかねないので、ほどほどにしなければならないという戒め。