名門の家に生まれなくても、本人に立派な才能・能力があれば、必ず認められ、登用されるということ。