正しい道理を主張して理屈の上では勝っても、そのために損をしたり不利な立場になったりして、実質的には負けたのと同じような結果になるということ。正論が必ずしも勝つとは限らないということのたとえ。