理屈では負けてもよいから、不利な立場には陥るなということ。正論より実利を取るべきだということ。