理屈にかたよりすぎたものは、理屈に合わないものよりも始末が悪いということ。