主人の留守宅へあまりにたびたび見舞うと、他人からつまらぬ誤解を受ける原因になりかねないから、ときたま訪れるていどにせよということ。