弱くて非力な者でも、それ相応の維持や誇りを持っているということ。

弱いからと云って見くびってはならないというたとえ。