儀礼の数が多く煩雑になってくると、かえって混乱して守られなくなる。礼はできるだけ簡素なほうがよいということ。