ちょっとした不注意なことばが災難を引き起こすことが多いので、ものを言うときには慎重にせよという戒め。