わざわいも福も、それぞれ来るべき原因や理由があってやってくるものであるということ。禍福は人が自ら招くものであるということ。