敵の力をあなどって油断することほど、大きな災難を招くものはないということ。