わざわいは、一度だけではすまず、えてして度重なって起こるものであるということ。