災難がかえって幸福のもとになることがあるということ。