ほどほどで満足することを知らないことほど、大きなわざわいはないということ。