ぎっしりとつまっていて、少しのすきまもないことのたとえ。