すぐれていると思い込んでいた我が子も、親と同じような平凡な人間でしかなかったというたとえ。