すぐれた人物には、幼いころからどこか常人と違ったところがあるということのたとえ。