すぐれた技術を持つ職人は、完成品でなければ人に見せることはしない。名工は名を重んじるから、未完成の物を人に見せて批評を受け、名を汚すようなことは避けるということ。