若いうちにする苦労は、将来必ず役に立つものだから、自分から進んで経験するのがよいということ。