小さな若い木が大木に成長するように、若い人は将来どれだけ伸びていくかわからないから、軽んじたりしないで敬意をもって接するべきであるということ。