大したことはないと、馬鹿にしていたも者の中にも、案外優れた者がいるということ。