望みが一つかなうと、さらにその上の望みを持つようになるということ。人間の欲望には限りがないことのたとえ。